2011年07月14日

デグ糞堆肥作り その1

ケージの掃除をする時いつもあずきの大量ウンチを見ながら、
「何かに使えないかなぁ」と思ってました。

「そうだ、堆肥にしてみよう」ってことで買ったのが、



タフガーデニングバッグです。
堆肥を作る時、素人は水分を多くし過ぎて腐らせて失敗するらしいので、
排水性と通気性の良いこのバッグでやってみようと思いました。

このバッグと普段ケージ周りの掃除に利用している



EMWを組み合わせれば堆肥ができそうな気がしたんですよね。
EM菌ってそもそも農業用だったみたいですし。

まず、ちゃんと分解されるのか人参の皮で試してみることに。

バッグに花壇の土をスコップでテキトーに放り込み、
刻んで乾かしておいた人参の皮を入れ、
EMWを薄めた液をスプレーし、その上から土をかけてみました。
分解したい人参の皮を土でサンドする形です。

普通は雨が当らないようにしたり乾燥しないようにフタをするものらしいのですが、
面倒だし雨ざらしにしちゃいました。
排水性の高いバッグなら大丈夫かな、と。
乾燥しちゃった場合は水分足せばいいや、とかなりテキトーです。

翌日見てみると、人参の皮はまだありました。
土が乾きすぎているようなのでEMW希釈液をスプレーしておきました。

二日後、にんじんの皮は多少残っていましたが、ほとんど分からなくなっていました。
どうやらちゃんと分解されているようです。

実験成功ということで、デグ糞堆肥作りスタートです。
さてさて、どうなることやら。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
タグ:デグー 堆肥
posted by meg at 18:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記