2012年04月20日

ビワの葉頂きました♪

ムートンの同僚の方からまたまたビワの葉を頂いちゃいました!

早速すぐに食べれるようにレンジでチンしてパリパリに乾燥させて
あげてみたところ、

120420_01.png

サークルの隅っこに持っていってコソコソ食べてました、あずき。
誰も盗らないのになぁ(~_~;)

久しぶりのビワの葉に大興奮のあずき、

120420_02.png

おかわり頂戴と猛アピールです。

120420_03.png

「これ頂戴」とビワの葉ご指定。

120420_04.png

おねだりがかわいかったのでちょっとだけおかわりあげました(^^♪
たくさん頂いたので残りは自然乾燥させようかな。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 16:10| Comment(6) | TrackBack(0) | デグーのオヤツ
この記事へのコメント
デグーっていろんな葉っぱが好きなのですね♪

だいたい食べても大丈夫なんでしょうか?
Posted by ライラ at 2012年05月02日 23:58
*** ライラさんへ ***

私は割りと慎重派なので、大丈夫と分かってるものしか食べさせないようにしてます。
植物って毒のある物もけっこうありますしね。
Posted by meg at 2012年05月05日 14:22
びわの葉、自分も実家栽培のを乾燥させてあげようと思ったのですが、wikiで
葉はアミグダリンやクエン酸などを多く含み、乾燥させてビワ茶とされる他、直接患部に貼るなど生薬(枇杷葉(びわよう))として用いられる。葉の上にお灸を乗せる(温圧療法)とアミグダリンの鎮痛作用により神経痛に効果があるとされる。 ただし、アミグダリンは胃腸で分解されると猛毒である青酸を発生する。そのため、葉などアミグダリンが多く含まれる部位を経口摂取する際は、取り扱いを間違えると健康を害し、最悪の場合は命を落とす危険性がある。
なんて書いてあるので、躊躇ってしまいました。
青酸発生しても大丈夫なのでしょうか…
Posted by さんた at 2012年10月20日 01:52
*** さんたさんへ ***

びわの葉については市販もされているので簡単にしか調べていませんでした。
貴重な情報をありがとうございます。

我が家では3cm×3cm程度の大きさに切って乾燥させた葉を数日に一度与えていますが、今のところ特に健康上の問題はありません。

何か問題が起きていれば市販されているびわの葉も販売中止になっているでしょうし、体に良いとされるものであっても食べ過ぎれば毒になると思いますので量の問題もあるかなと思います。

ただ、ご心配であれば与えない方が良いと思います。
商品として販売しているメーカーにも問い合わせのメールをしましたので、何か分かりましたらご紹介させて頂きますね。
Posted by meg at 2012年10月21日 14:42
*** さんたさんへ ***

メーカーから連絡がありました。
(返信が早くてかなり驚きましたよ、良い会社だなぁ)

確かにアミダグリンが含まれていますが、非常に微量であり、常識を超える量(一度に100枚など)を与えなければ大丈夫とのことです。
びわの葉には大学と民間での最近の研究で、血糖値の上昇を抑えたり中性脂肪やコレステロールの低下作用があることも認められ、某有名飲料水にも使われているのだとか。(爽○美茶)

ただ、デグーは体が小さいので与える量を少なくして様子を見、量を調整してあげてください。

我が家のあずきは同じおやつが続くのを嫌がるのでその日の好みを確認しつつ、数日に一度3cm×3cm程度の量で与えてます。
Posted by meg at 2012年10月22日 12:21
お返事が非常に遅くなり申し訳ございません…

微量で安全ということ、すごく安心しました。
びわの葉の効用はすごくいいものばかりなので、良さえ適正に与えていれば、害は気にせず効能だけを受けられそうですね。

うちも、同じおやつが続くのはあまり好みじゃないようなので、自家製乾燥野菜を何種類も作ってます。
ブロッコリーの茎、ゴーヤ、キャベツ、にんじん、パセリ、桑の葉etc...

びわの葉も調達してこようと思います!
Posted by さんた改めこたろう at 2012年11月15日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55399530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック