2012年10月13日

ビタミンCが必要なのは都市伝説??

ある動物病院のページを見ていたら、ちょっと気になることが書いてありました。

要約すると、

デグーにビタミンCが必要だというのは都市伝説的なことだとも言われている。
デグーがペットとして飼われ始めた頃はビタミンCを与えられていなかったが
健康に寿命を全うしていたそうだ。
実験的にも体内でビタミンCを作る能力があるという結果になっている。
近縁種のモルモットが体内でビタミンCを作れないのでデグーもということに
なっているようだ。
デグー用のフードにはビタミンCが入っているのでサプリメントなどをあえて
与える必要はない。

といった具合です。

私もデグー用ペレットを与えていればサプリメントは全く必要ないと思っていますが、
デグーがビタミンCを体内で作れるとは思っていませんでした。
本当のところ、どうなんでしょう??

デグーの主なエサはもちろん牧草なわけで、ペレットはビタミンC摂取のために
補助的に与えるものだと思ってました。
でももし体内でビタミンCを作れるのなら、ペレットの必要性ってあんまり
ないような・・・??

この動物病院はまだ新しくて、院長先生もお若い。
HPを拝見する限り、ヤル気のありそうな感じ。
診療対象動物の中にデグーが記載されていなかったけれど、
ご自身でもデグーを飼ってらっしゃるようだし問い合わせて診察可だったら
近いからその内健康診断にでも行ってお話を伺ってみようかな。

本日のあずき、眠くて寝かしつけて欲しいらしく私を呼ぶので、

121013-01.JPG

ナデナデしてあげたら、

121013-02.JPG

ちょっとだけニヘって顔しましたが、

121013-03.JPG

30秒程で落ちました。現在爆睡中です(^^♪
前は寝かしつけに3分くらいかかってたんですけどね。
私の腕が上がったのかしら♪(^m^)

でぐでれオリジナルデグーグッズ販売中

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 13:15| Comment(3) | TrackBack(0) | デグーの健康管理

2012年10月05日

あずきにチモシー1番刈りを食べさせる方法

あずきはチモシーが嫌いで、なかなか食べてくれませんでした。
牧草と言えばバミューダばっかりで。

だんだんチモシーも3番刈りを食べるようになり、今では牧草市場の
アメリカ産2番刈りダブルプレスを喜んで食べるようになりました。

でも私としては繊維質の豊富な1番刈りも食べて欲しいんです。
いろいろ試しましたけど、匂いを嗅ぐだけで全く食べませんでした。

数日前にふと思い立って、手元にある1番刈りを短く折って
メッシュトンネルに差し込んでみました。

こうしておけば気になって引っ張り出し、口に銜えてみたら
意外と美味しいぞってなるんじゃないかなと思って。

121005-01.JPG

そしたら、、、

121005-02.JPG

まんまと私の思惑通りに食べてくれました〜!(^^♪

と言ってもまだ3回しか試してないんですけどね。
このまま1番刈りを食べてくれるようになったらいいな。

でぐでれオリジナルデグーグッズ販売中

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デグーの健康管理

2012年06月18日

あずき、プスプス音で病院に

数日前からあずきが時々鼻をプスプス言わせているのが気になって
いました。

食欲もあるし毛艶も良いしウンチも正常、自宅での尿検査も異常なし。

病院に連れて行くのもストレスになるし、しばらく様子を見ようかと
迷いました。

でも小動物の病気は進行が早いわけで。
迷っていたせいで手遅れにでもなったら悔やんでも悔やみきれません。

で、結局日曜日に小牧のおおはし動物病院に行ってきました。

待合室には当然ワンちゃんたちもいるのでキャリーケージのカバーは
ずっとかけたままで上の隙間から様子を覗くと頭隠して尻隠さずの
状態で固まっているあずき。
指を入れてあげると時々抱きついてきましたが、10分程度の待ち時間の
ほとんどは固まったままでした。

今回は院長先生に診察して頂きました。

私に掴まれそうになると必死の抵抗を見せるあずきですが、
院長先生にはすんなりと無抵抗で掴まれてました。

その後も促されるままに大人しく体重計に乗り、聴診器を当てられ、
まるで別デグのように良い子でした。

先生が仰るには、

歯に問題があれば食欲がなくなる
鼻に炎症があれば鼻水が出たり鼻の上の部分が腫れる
呼吸器系に問題があればガーガーという呼吸音とともに呼吸が深くなる

とのことで、そのどれも見られないから今のところ心配する必要はないそうです。

プスプス音はそういう癖かもしれないのでしばらく様子を見るように
言われました。

自宅に戻りケージに戻った途端、「キッキッ」と数分警戒音を出し、
その後は誘ってもしばらくケージから出てきませんでした。

↓警戒中のあずき

120617_01.JPG

↓誘っても出てこないあずき

120617_02.JPG

でも、一夜明ければ元通り、

120618_01.JPG

無防備なあずきです。
シャッター音でこちらを向いちゃいましたが、直前までお腹丸出しでした(^^♪

無駄に怖い思いをさせてしまったけれど、飼い主としては安心できました。
歯に異常があって鼻を圧迫してるのかも?って不安だったんです。
ちなみに今回の診察料は840円でした。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 11:17| Comment(2) | TrackBack(0) | デグーの健康管理