2011年10月13日

クレイングラスとあずきの催促

あずきには牧草の好みがあります。(どこのコにもあると思いますが)

今まで試したところではこんな感じ。
 チモシー1番刈り・・・産地に関わらず嫌い
 チモシー2番刈り・・・少し食べる物もあり
 チモシー3番刈り・・・2番刈りよりは食べる
 バミューダヘイ・・・・モリモリ食べる

やや内側に傾いてしまっている奥歯を食事で削るために繊維質をたくさん
摂らせたいのですが、一番好きなバミューダヘイの繊維質はチモシーの半分くらい
しかないんですよね。

そこで、チモシー数種類&チモシーよりも繊維質の高いクレイングラスなどなどを
注文してみました。

届いたのがこちら↓
111013_01.JPG

で、これがクレイングラス↓
111013_03.JPG

固さはバミューダヘイと同じくらいらしいし、チモシーの1番や2番が嫌いなコでも
食べることがあると聞いて期待しながらあげてみたところ、、、食べました〜!
でもよく見てると、太い茎はポイっとしてました(~_~;)
まぁ、多少なりとも食べてくれるんだから良しとしなくちゃですね。

ただ、このクレイングラス、ちょっと難点がありまして。
実はチモシーよりも低カロリーなんですよね。
ダイエット牧草なんて言われ方もするみたいで。
これ以上あずきがスレンダーになったら困るので、他のものも
組み合わせながらあげていきます。

ん?あずきが輪くぐりの輪を持ってきました。
111013_wa.jpg

あっ!牧草のことばかり考えてて芸をさせてなかった!
我が家では芸をしないとオヤツをあげないので、これはどうやらオヤツの催促ですね。
金属のクリップがつけてあって重たいと思うのですが、ガッツで引きずってきましたよ。
ごめんよ〜!あずき。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | デグーの健康管理

2011年10月07日

プラスチック虫かごにて

病院であずきの奥歯がちょっとだけ内側に傾いていることが判明したこと、
獣医さんから歯を削るために固いエサを与えるように言われたことを
前回のブログでお伝えした訳ですが、そもそも固いハードタイプのペレットを
食べなくなったから異常を感じて病院に連れて行ったんですよね。

さてどうしよっかなぁと思っていたら、Hirokoさんから奥歯を削るには咀嚼が
必要なので固さよりも繊維質を重視した方が良く、牧草をたくさん食べるように
仕向けると良いのではとアドバイスを頂きました。

前歯に問題がないのならケージ齧りというより先天的なものではというご指摘も。
大した問題でなくても初めてのことで飼い主として責任を感じていたので、
Hirokoさんの言葉に心が軽くなる思いでした。感謝!(*^_^*)

元気が出た勢いで数種類の牧草を注文しました!
中には初めての種類もあるので、あずきがどんな反応をするか、とても楽しみです。
そろそろ届くと思うので、また後日お伝えします(^^♪

奥歯が傾いている原因がなんにせよ、ケージ齧りはできる限り減らしたいもの。
幸いあずきは生活の大半を占めるケージはほとんど齧りません。

では何を齧るかと言うと、

 ケージを掃除中待機場所となるキャリーケージ
 お散歩する際の柵となるサークル

この二つです。

サークルには近々ムートンが透明板を張り付けてくれるハズなので、
キャリーケージの代わりとなる大きめのプラスチック虫かごを買いました。

虫かごの透明な本体部分は気に入ったらしく、自分から入って底部を
引っ掻いたりして遊びます。(掘ってるつもりかも?)

↓遊んでる様子


お散歩中はこんな感じで自分から何度も入るんです。
ただ、ケージを掃除するために虫かごで待機して貰おうとフタをすると、
とっても怒ります。
5分もすると「キュ〜」と悲しげに鳴いて飼い主の心に揺さぶりをかけてきます。
キャリーケージの時は20分くらい我慢できてたのになぁ(ーー;)
LサイズじゃなくXLにすれば良かったのかも・・・。

ちなみに動画中、砂ビンの中で数秒じっとしているのはオシッコ放出中です(>_<)

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | デグーの健康管理

2011年10月02日

あずき、病院に行って来ました

最近少し気がかりなことがあって、今日あずきを動物病院に連れて行きました。

気になっていたのはこの3つ。(気になる順)
A、ハードタイプのペレットを食べなくなったのは歯に問題あり?
  (デグーセレクション等のソフトタイプペレットは食べます)
B、水のガブ飲み
  (自宅での簡易検査では尿糖もタンパクも陰性)
C、発情日翌日の体重激減
  (2〜3日で元に戻るとは言っても20グラムくらい減るのでちょっと心配)

Bのガブ飲みに関しては、ウォーターボトルの下が結構濡れているので
実際にどれだけ飲んでいるのか不明ですが、多い時は1日に150cc減ることも
あるんです。

■先生からのアドバイス↓
簡易検査で陰性なら大丈夫、心配なら尿検査。
ということで、尿を浸み込ませる道具(100円)を購入。
これに尿をたっぷり浸み込ませて持ってこれば飼い主だけの通院で良いとのこと。

・・・本当は今日、小さい醤油入れに尿を採取して持っていくつもりだったんですけどね。
発情中だったんで尿の量が少なくて無理でした。
たぶん、醤油入れでも問題ないんでしょうが、ちょっと検査道具に興味があったので
購入しちゃいました。

Cの発情日翌日の体重激減に関しては、2〜3週間に一度のサイクルでやってきます。
あずきは発情すると「ピ〜、キュ〜」と切なげに1日中鳴いて食欲もなくゲッソリしちゃいます。

■先生からのアドバイス↓
子孫を残そうという本能はとても強く一生懸命なのでゲッソリするのも仕方ない。
パターン化しているものであれば体重激減は心配ない。
ただし、とても体力を使うので心配であれば避妊手術をすると将来の病気リスクも減らせる。
病院にいるメスも手術済みのコがいるとのこと。
手術には麻酔が必要なので体力のある3歳頃までに行うのがベスト。

・・・手術を受けさせる勇気は今のとこないんですよねぇ。でも真剣に考えなきゃなぁ。

と、ここまでは私が先生と話しているだけなので、あずきは死んだフリしてました。

最後に一番気になっていた、Aのハードタイプのペレットを食べなくなった件。
歯に問題がある可能性があるので先生があずきを掴もうとあずきのオシリに手を触れると、
それまで死んだフリをしていたあずき、底網に前足を引っ掛けて必死の抵抗を見せました。
先生にオシリを掴まれ引っ張られても必死で底網にしがみついてるから体がビヨ〜ンと
なってましたよ(~_~;)

前歯はとても理想的でキレイと褒められましたが、奥歯に問題がありました。
手前側の奥歯がやや内向きに傾いていたんです。
と言っても、ちょっと舌に触れる程度なんですけどね。
初めて私、あずきの奥歯を見ました。

■先生からのアドバイス↓
悪化すると歯を削らなくてはいけないので、できるだけ硬いエサを与えるように。

・・・でも一番硬そうなハードタイプのペレットは食べなくなっちゃったんですよね。
どうしよっかなぁ。

診察を終えて帰宅して自分のケージに戻った途端、あずきが警戒鳴きを始めました。


↑発情中なのでゲッソリしてます。

鳴き続けること、約5分。鳴き止んだ後もオドオドしてケージから出てこないこと、約5分。
その後はケージから出て元気にお散歩してました。
前回の通院の時は帰宅後すぐに元気でしたから、ちょっと警戒度が増してるみたいです。

とりあえず、今すぐどうこうという大事ではなかったけれど、歯のことが一番ショックでした。
歯が傾く前にサークル&キャリーケージ齧りを止めさせる方法を考えるべきでした。
生活時間の大半を占めるケージをほとんど齧らないので大丈夫だと思っていたんですよね。
飼い主として考えが甘かったですが、済んでしまった事は仕方ないので何か対策を
立てることにします!

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。
posted by meg at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | デグーの健康管理